ファーストシーズンはパンツ1型のみの展開で
話題のブランド《Private Brand By S.F.S》

「自分が本当に着たい服を作る」というのは
最も強いモチベーションかもしれない

2018.02.23 Fri

Private brand by S.F.S》はデザイナーである山口健太氏によるアイデンティティーが落とし込まれたプロダクトを展開する新進気鋭のブランドです。

ブランド名のS.F.Sは「SIMPLE(シンプル)」と「FUNCTION(機能性)」と「SPORTY(スポーティー)」という3つの要素を表している。

2018春夏シーズンはパンツのみ、しかもワイドシルエットのナイロンパンツ1型(2色)だけの展開という潔さもデザイナーの人となりが垣間見えるところでもあり、シルエットなどは自身が普段着用しているパンツからインスパイアされているのもPrivate brandたる所以でしょうか。

日常の生活を前提とし、無駄を排したシンプルなデザインで、悪天候でも着用可能な撥水性(5段階評価の撥水性テストで4.5)を誇る生地や両サイドに施されたベンチレーションによって通気性も確保されたスポーティーかつ機能的な仕様、そして縫製などの製造工程も全て日本国内で行っているクオリティーの高さなど、一本のパンツにこだわりが詰まっています。

シックな色味で、一本持っていれば幅広いコーディネートが可能な《Private brand by S.F.S》のパンツ。Private brandという名前の通り、現在は限られた店舗での販売になっているので、気になる方はお早めにチェックをおすすめします。

LOADING...

LOAD COMPLETE

LOADING ERROR

BOICE MENU